レイキスクール湘南自然療法院

レイキとは?霊気?手当て?

はじめて「レイキ」と検索してレイキってなんだろうと思われた方のために説明しますね。

「レイキ」「霊気」カタカナ、漢字ともに表示されますが、今は「レイキ」表示が圧倒的です。皆様も同様かと思います。

霊気は「尊い気」の意味です。神社の霊泉(れいせん)とうとい泉、霊峰富士(れいほうふじ)尊い山富士山の意味に使用します。

レイキは日本生まれの手当て療法です。本来は漢字表記のはずですが、カタカタがメインの表示になったのには歴史があります。

大正時代に臼井甕男(うすいみかお)先生が始めた霊気ですが

臼井甕男

一部の人にしか伝授されませんでした。難しすぎて臼井先生と同じ技量を持った人の育成は難しかったみたいです。しかし、ハワイから来日したタカタハワヨさんが霊気をハワイ持ち帰り臼井先生の意志を継ぎ多くのマスターを育成(22名)いたしました。

1980年の高田さんの死後孫娘のフィリスリーフルモトさんが意志を継いだ「レイキ」が世界中に広がっていきました。

高田はわよ

日本にも1980年後半にレイキが輸入されました。

このとき輸入されたレイキは日本本来のものとは少しかけ外れていました。

基本は手当て療法であるレイキは体を癒すことより、夢をかなえる、願望をかなえるなど方針が強くアピールして伝達していきました。

人の伝達ゲームですので、日本生まれのものですが、聞く人の完成、伝える人の個性がまったく異なったものになったのです。ルールも考え方も少しずつ変わり新しい「レイキ」として輸入発展していきました。

漢字の霊気から輸入された「レイキ」がメインになりました。多くの皆様も「レイキ」で検索されたと思います。

 

レイキの輸入と変化

はじめて「レイキ」と検索したレイキって?

大正時代の臼井先生がレイキを広げた頃には「手で病原(マイナス)部分がすぐにわからないと奥伝(レベル2)が受講できなかったのです。ですからものすごい感じる力がないと上のクラスには進めなかったようですね。ですから実践者がものすごく少なく、レイキは細々と発展してきました。

しかし、1980年代後半にレイキとして輸入されたレイキは「カジュアル、イージー」に変わっていました。病を癒すよりも「夢が叶う」「成功」するとか自己啓発てきな意味合いが強くなり、本来のレイキとは違ったものとして紹介された歴史なのです。

一方、大正時代の霊気も現代には合わない項目が多く一般には難しすぎました。昔ながらの伝統霊気、現代のレイキをまとめたことで現在の「レイキ」が世界中に発展しています。

私自身も違いを理解し、現代にマッチした形で表現して教えています。基本はレイキは手当て療法であることはかわりません。

 

これからのレイキ

世界中で手当て療法として使われているレイキ。英国では特に盛んですね。私どもの生徒でも英国から2名受講され1名はマスターとして活躍されています。痛いところに手を当てる、これが基本。マッサージセラピスト、看護師、介護士がレイキを使用して悩みを解決しています。

普通の方でも、手を当てることで心が落ち着く、安心するのが基本ですから生活に取り入れ家族のために使う時代になりました。どんどんレイキを使って多くの人を癒してください。

▲ページトップに戻る